家に関するお金のはなし 火災保険

住まいの保険 カスタマイズが可能なAIUのスイートホームプロテクション

住まいの保険で評価が高いのはどこか?色々なランキングサイトを探した結果どこでもランキングに入っており高評価なのがこれから紹介するAIUの保険になります。

AIUのスイートホームプロテクションの概要

保険金額の算定基準は新価(再調達価額)実損払方式→新築に立て直すための価額になります。
建物が古くなったからといって、建て替えの際は中古住宅を建てることができないので、新築を建てることになります。ですので新築がもう一度建てられる補償金額になります。
中古住宅の火災保険の場合も同様な考え方になりますので、新築で建てた場合を想定した金額の保険を掛けるように最近は変わって来ています。

時価評価額方式では補償額が時価になるので、同等のものを建て替えることができません。

補償内容

火災のリスク
火災・落雷・破裂・爆発

自然災害のリスク
風災・水災・雹災・雪災

日常災害のリスク
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突、水漏れ、労働争議に伴う暴力・破壊行為、盗難、不足活突発的な事故

各種費用保険金
事故時諸費用、残存物取片付け費用、地震火災費用、損害防止費用

建物の追加保証

家財の追加保証

近隣への補償

賠償責任

特徴
カスタマイズがしやすい
自由度が高いので、必要な補償内容の契約ができるのがこの保険の一押しポイントです。
水害などは地域により必要ないと判断できる場合は、これのみ外すことができます。これだけでも保険料はずいぶん変わるはずです。

割引制度の充実
耐火性能割引、オール電化割引、発電エコ割引、新築物件割引、ノンスモーカー割引などの割引プランが充実しています。
割引が適用できる条件ならより安く加入できます。

オプション(特約)
地震保険は火災保険の契約がなければ単独で入ることはできません。
費用保険の地震火災費用保険とは違います。
費用保険はあくまで、建物や家財を補償するためではなく、残存物の撤去費用等に使うもので補償金額も契約金額の5%です。そして補償は地震が原因で起こった火災に対しての補償です。地震での倒壊は補償されません。AIUの場合地震火災費用保険金支払割合変更特約というのがあり、5%の補償を50%まで増やすことが可能です。もちろん地震が原因の火災に限定されます。
地震保険で50%のカバー、この特約で地震での火災に対しては残りの50%が補償され、全額カバーできます。
もちろん地震保険の補償額の割合も100%まで選択できます。
事故対応が早い
色んなサイトで契約者の意見を見ている限りでは、対応も早く、支払もきちんとしてくれるようです。
この事故対応の部分は大切なところになります。いくら保険を掛けていてもなんだかんだと払ってくれない、とか払う時期が遅いだとかでは結局なんのために保険に入ったのかがわかりません。
実際経験しないとわからないことですが、重要な要素なので、できるだけ知り合いやまわりの人から意見を集めれればとても参考になります。

AIUのいいところは、特徴の所でも書きましたが、自分たちが必要だと思える内容で契約をすることが可能なので、無駄な補償内容を削ることが可能です。それゆえ、よく考えた上で補償内容を決めないといけませんので、内容をよく把握するか、適切なアドバイスができるところと契約することがベストになります。

広告3

-家に関するお金のはなし, 火災保険

© 2020 住まい×コミュニティ×なりわい