住宅ローン 家に関するお金のはなし

住宅ローンの種類と選び方

住宅ローンを借りとなれば選択肢は主に2択です。
各銀行が提供している住宅ローン
住宅金融支援機構が銀行と提携して貸出をするフラット35になります。

他に財形融資制度というものがありますが、会社でこの制度を導入し、なおかつ1年以上、50万円以上の貯蓄が必要なのでここでは割愛します。

フラット35

単純に全期間固定ローンで低金利の現在有利な投資条件として注目を集めています。
過去に高利率で借入している人は借り換えでトータルの支払金額を減らすこともできます。

メリットはもちろん
全期間固定なので、支払総額が変わることがありません。
住宅ローンは最長35年と長期にわたるので、今後の金利動向がどうなろうと安心して借りることができます。
銀行のローンと違い審査は住宅性能に重きを置いています。もちろん支払能力も問われますが、銀行の厳しさとは違うので借り入れが比較的しやすい商品です。
どこの銀行を通しても基本的な商品の構成はかわりませんので、あとは手数料や、保険関係での差で銀行を選別することになります。

デメリットは
変動金利の商品よりも利率が高くなり、現在の金利で考えると、支払総額は高くなります。
繰上げ返済の最低金額の設定が高く柔軟性がない。100万円から(ネット経由なら10万円から)

銀行の住宅ローン

千差万別ありますので、一概には言えませんが全期間固定という商品も出てきています。
変動と固定のミックスや全期間変動というのもありますので、自分の状況に合わせていろんなプランが考えられます。
変動期間が長いほど契約当初の金利は安くすることができます。
サービスやメリットも各銀行により様々です。
振込やATM手数料の無料回数が増えたり、イオン銀行のようにショッピングでの優遇があれば長期間にわたってその恩恵を享受できます。長期間になるとそれだけでトータル100万円以上になることもあります。(その分利息を払ってるんですけどね)

考え方

最終的な支払総額は完済するまで結果がわかりませんので、どのローンが一番いいのかは借入時にはわかり用がありません。考えるとするのであれば、これ以上の低金利はもうないだろうということと、アメリカなどは金利上昇に動いているので、今後は上がっていく方向だろうという予測です。

こんな状況でも、変動金利でも比較的早く繰上げ返済をして完済できる余力があるなら変動金利が有利であり。
毎月の支払以上無理なのであれば全期間固定金利という考え方がいいでしょう。
先の見通しは誰にもできませんので、安全で無難な全期間固定ということです。

全期間固定でも銀行での融資がありますので、自分が借りれる条件が銀行の方が有利であればそちらをトライしてみてもいいかもしれません。ただし銀行での借り入れは審査基準が後悔されていませんし、支払能力を重要視しているので審査通過するのは難しいと思ってください。
ちょっと無理と思うならフラット35でしょうね。
それでも全額借入するよりは90%で借りる方が有利なので10%程度の自己資金はためておきましょう。

広告3

-住宅ローン, 家に関するお金のはなし

© 2020 住まい×コミュニティ×なりわい