水回り 間取

トイレの間取 どこがいい?

毎日使うトイレ、この配置で失敗することが良くありますが、できてからでは後の祭りです。

どこに配置するのがベストか

それはあなたの考え方次第です。何に重きを置くかで配置が変わってきます。
それではいくつかトイレの落着き先の候補地をあげていきましょう。

玄関横のトイレ

昔の家では敬遠されていたが、今では生活スタイルが変わってきたので、玄関先での応対がなくなりつつあり、あまり問題視されなくなってきている経緯があります。
リビングやキッチンへの臭い、視線がない分配置しやすい候補地です。風呂が近くになければお客さんも使い易い場所です。
トイレは出掛ける前や帰ってきた時によく使うということもあります。
外で作業や子供が遊んでいると中まで入り込まずにトイレが使えるのもメリットです。
やや家事動線からは外れますが、その分静かで落ち着いた場所ともいえます。

デメリットは玄関先にお客さんがいると入りずらいということですが、最近はインターホンが普及しているので玄関先で対応するお客さんは少なくなってきています。ですので頻繁に起こらない状況ではないでしょうか。

水回り(風呂・洗面)から考えた配置

家事動線上に配置することで、掃除のエリアもまとまり、動線上にトイレがあるので動きに無駄がなくなる。
配管が短く済む等のメリットがあります。

デメリットはややキッチンに近くなることですが、直接ドア一枚隔ててではない限り問題無いでしょう。

階段下スペースを利用したトイレ

スペースの有効利用という観点です。階段の位置にもよりますが、リビング階段でない限り玄関から続く廊下のどこかになるので、リビング・ダイニングからは離れます。問題は天井スペースがどれぐらい空くかってことです。気にならない程度なら問題なしですね。

寝室近くのトイレ

これは2個目のトイレの候補地になると思います。特に2Fフロアのトイレ。
2階建てならトイレは2個欲しいところです。
年を重ねた時にトイレが近くなるので、少しでも近くが便利。防音工事はしっかりとです。

トイレの数

トイレの数も問題になります。家族の人数、家の広さや平屋か2階建てでいるいらないが分かれて来ます。
色々調べると4人家族以上、2階建て、30坪以上の条件が揃うとほぼ2個のトイレになっている感じです。
マンション・平屋の家ではトイレは1個が主流なので、やはりワンフロア1個というのが通例でしょう。後は建築の予算と相談です。安くてもトイレ1個で20~30万円の違いは出て来ます。防音工事などを考えればもう少し必要です。この金額を高いと見るか、数十年1階に必ず降りてトイレに行く労力を考え妥当と取るかは個人の考え方になります。

まとめ

考え方の違いで正解は変わりますので、どれが正解とはいえませんが、少なくともリビング・ダイニングに直結した場所、玄関を開ければ真正面にトイレのドアが見えるというのだけは避けて下さい。

後は家族中心で考えるのか、来客中心で考えるのかで場所が決まってくると思います。

トイレの防音対策をしておけば音の問題は解決できるので配置にある程度の融通はきくと思います。

トイレの防音対策の記事

広告3

-水回り, 間取

© 2020 住まい×コミュニティ×なりわい